心のクリニック 医療コラム
2022年10月26日
『うつ病』について

◆うつ病とは

うつ病はストレスを原因とせず憂鬱な気分、興味・意欲の減退、考えが纏まらない等の精神症状と、不眠、易疲労感等の身体症状が一定期間以上続き、社会生活に支障が出る病気です。

年々患者数が増えている病気で、日本人の15人に1人が生涯のうちに1度は罹ると報告されており、決して珍しい病気ではありません。また、女性のほうが男性よりも1.6倍多いことが分かっています。

似たような症状をきたす疾患に適応障害がありますが、適応障害と異なり、ストレスから離れても、症状は速やかに改善しない場合が多くみられます。

 

◆うつ病の原因

うつ病は心の弱さが原因で発症するものではなく、病前性格に心理的ストレス等が重なり発症するとされます。うつ病は、脳内のセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなどの精神的な安定を保つ神経伝達物質の不均衡が主な病態の一つと言われていますが、正確な病気のメカニズムについては判明していません。

 

◆うつ病の症状

①軽症の場合

「疲れが取れない」「何事に対してもやる気がでない」といった感覚があるものの、本人も「単なる疲れ」と感じてしまい放置されることが多くみられます。また、仕事や日常生活で他人とのコミュニケーションなどに違和感を覚えるつつも、自覚していない場合もあります。周囲の方も本人の変化にあまり気が付かない事もあります。

 

②中等症の場合

「やる気が出ない」感覚が徐々に出てきて、睡眠障害も見られます。そのため、仕事のパフォーマンスも低下してきて、他の人も違和感を覚える事が多いでしょう。本人も自力で頑張ってしまうこともあり、仕事ができない自分を責めてしまう場面も出てきます。

 

③重症の場合

仕事や日常生活や他人のコミュニケーションが、明らかに困難な程度になります。「自分はいなくなった方がよいのではないか」など希死念慮が出てくる場合もあります。実際に自殺行為(自殺企図)に至ってしまったり、入院が必要なケースも出てきます。

 

このように、重度になった場合「亡くなる可能性」もあるのがうつ病の特徴です。軽症の段階でいかに早く治療開始をするかが重要な疾患と言えます。

 

 

◆うつ病の診断

うつ病は、気分、行動・意欲、思考といった複数の精神症状が一定期間以上続かないと診断はできません。診断は主にICD-10 (国際疾病分類 第10版)というWHO(世界保健機関)の作成した世界的な診断基準、もしくはDSM-Ⅴ(精神疾患の診断・統計マニュアル)といった米国精神医学会の作成した診断基準に則って行います。

 

ICD-10(国際疾病分類 第10版)によると、うつ病の診断基準は以下の通りです。①②③それぞれが、いくつ当てはまるかによって、軽症、中等症、重症かが決まります。

 

①典型的な抑うつのエピソード

A. 憂鬱な気分が続いている

B. 何に対しても興味や喜びの気持ちがおきない

C. 疲れがとれない・疲れやすい

②他の一般的な症状

1)集中力と注意力が落ちた

2)「生きている価値がない。」「まわりに迷惑かけている。」などと無価値観や罪責感がある

3)将来に対する希望のない悲観的な見方

4)自分を傷つけたり自殺したくなる考えや実際に行為をおこなう

5)睡眠がとれない

6)食欲がない

③身体性症状

a)ふつうは楽しむことができると感じる活動に喜びや興味を失う

b)ふつうの目覚めが普段より2時間以上早い

c)午前中に抑うつが強い

d)明らかな精神運動抑制あるいは焦燥が客観的にみられる

e)明らかな食欲の減退

f)体重減少(過去1年で5%以上)

g)明らかな性欲の減退

 

検査は補助的なものですが、自己記入式の質問紙(CES-D等)などを行います。

また、うつ症状をきたしている方には甲状腺機能低下症などのホルモンの異常が原因とする場合もありますので、初期の段階で血液検査を行い、これらの身体疾患によるものか否かを検査する事もあります。

 

※メディアで取り上げられているQEEG検査(定量的脳波検査)や光トポグラフィー検査などの画像法では、現段階では診断補助的な役割であり確定診断する方法には至っておりません。つまりこれらの検査を受け、「診断される」ということはありません。

 

◆うつ病の治療

うつ病の治療は薬物療法精神療法環境調整食事療法運動療法等の治療が用いられますが、1番大切な事は心と身体を休める事です。日本人は休む事に罪悪感を感じる方が多く、休息をとらない傾向が多いのですが、まずはしっかりと心と身体を休める事が必要です。

 

①基本的な治療について(通院治療)

抑うつ状態を改善するお薬の処方(抗うつ薬、抗不安薬等)と、患者様の回復状況に応じた心理・生活上のアドバイスを行います。抗うつ薬、抗不安薬は、できるだけ副作用の少ない薬を必要最小限投与するようにしております。また場合によっては、認知行動療法等を行うためにカウンセリングをお勧めする事もあります。

うつ病にみられる睡眠障害や食欲不振についても、休養や環境調整から始めることで、規則正しい充分な睡眠とバランスのとれた食事がとれるようになることが大切です。

セロトニンの分泌を促すには抗うつ薬を内服しながら、以下に挙げた事柄を継続する事が大切です。

 

・朝早い時間に日光を浴びる事(しっかり睡眠をとり生活サイクルを安定させる

太陽の光を浴びる事で日光が網膜を刺激して、セロトニンの分泌を促しましょう。室内の光は太陽の光の明るさには到底及ばず、あまり分泌されません。また、曇りの日でも家庭用の蛍光灯の数倍の明るさがありますので、積極的に太陽の光を浴びましょう。また、人間の体内時計は25時間と言われ、メラトニンというホルモンが関係しています。メラトニンは脳内の睡眠誘発物質で、分泌が増えると眠気を感じます。朝起きて太陽の光を浴びると、体内時計が正しくリセットされ、昼間のメラトニンの分泌が抑制され、逆に夜にはしっかりとメラトニンが分泌されるようになります。これにより自然な眠りを誘う作用があります。

 

・適度な運動を行う事

運動に関しては、一定のリズムで行なう運動がセロトニンの分泌を高めてくれます。リラックスして、毎朝15分程度のウォーキングを楽しむといった方法が良いです。

 

・3食バランスの取れた食事をしっかり咀嚼して食べる事

セロトニンの材料となるのが、たんぱく質に多く含まれるトリプトファンという必須アミノ酸です。肉・魚・大豆・乳製品にたんぱく質が多く含まれますから、これらの食材をとることでトリプトファンを摂取することができます。また、トリプトファンからセロトニン生成の為にビタミンB群やビタミンC、亜鉛などの成分が必要です。また、イワシやサンマなどの青魚に多く含まれ、脳機能の回復に有効だと言われているEPA、DHAは近年、うつ病の改善にも有効であるとの報告がされています。これらを意識して食生活を変えてみるもの大事な治療になります。

 

・人との交流を持つ事

人間は誰かを喜ばせたり、誰かの役に立つことで自身も幸福や充足感を得られる生き物です。たとえ親密な関係が無い相手であっても積極的に交流を持つようにしましょう。

 

②長期化、重症化した場合について(入院治療)

長期化(遷延化)したうつ病の患者さんには、休養目的の入院治療への切り替えも選択肢のひとつです。入院生活によって睡眠や食事などの生活リズムが整いやすく、服薬管理をしてもらえるので規則的になります。さらに、精神科リハビリテーションの専門職が介入して、軽い運動なども行えますので、睡眠や食事に好循環をもたらす事が期待されます。また、入院治療においては職場や学校、家族とも一定の距離を置く事ができ、患者さんへの刺激を可能な限り遮断する事で心身ともに充分な休息をとる事ができ、新たな治療の方向性を見出す可能性もあります。

 

③その他の治療法について(当院では対応しておりません)

・修正型電気けいれん療法(mECT)

薬でなかなか治らない方、薬の副作用が強く出るために治療が難しい方などは修正型電気けいれん療法(mECT)が適応になる場合があります。基本的には入院して行います。

・反復経頭蓋磁気刺激法(rTMS)

近年注目されている治療法として経頭蓋磁気刺激法(rTMS)があります。コチラは抗うつ薬の適切な薬物療法で充分な改善が得られず、中等症以上のうつ病の診断を受けている患者さんに限られます。多くの場合が保険適応外で行われており、非常に高額です。

・経頭蓋直流電気刺激療法(tDCS)

はっきりした効果が実証できず、日本国内・欧米共に認可されておりません。

・高照度光療法

季節性うつ病や高齢者のうつ病、概日リズム睡眠障害などに有効であるとされます。一般的なうつ病に有効かどうかの一定の結論は出ていませんが、効果が期待されます。国内では『ブライトライトME+』などの商品が発売されおり、インターネット等で購入できます。

 

◆うつ病の再発予防

うつ病が治ったと思い、自己判断で薬を飲む事を止めて、再び症状が悪化してしまう事が多くあります。抗うつ薬の目的として「うつ病の治療」は当然ですが、その後の「再発予防」としての側面もあります。初めてうつ病になった方では、50%に再発があると言われています。また、再発を繰り返すことで慢性化することが知られており、2回目は70%、3回目は90%と再発の可能性が上がります。

そのため、日本うつ病学会の治療ガイドラインには、

 ・初発の方では症状改善後、9ヶ月の服薬が必要

 ・再発の方では症状改善後、3年の服薬が必要

と再発予防のための服用継続期間を示しています。

カテゴリー