心療内科 日吉心のクリニック

心療内科 日吉心のクリニック

医療コラム

ベンゾジアゼピンと認知症発症リスク
2018年10月29日  カテゴリー: ベンゾジアゼピン

日常の診療で用いられる抗不安薬や睡眠薬の多くは、ベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれるグループに属します。以前に、これらの薬剤が認知症の発症リスクを高める可能性があることについて、巷でも話題になったと記憶しています。2014年9月にカナダのグループが報告した以下の論文がきっかけでした。

Benzodiazepine use and risk of Alzheimer’s disease: case-control study.
BMJ. 2014 Sep 9

BMJは、”British Medical Journal”の略です。BMJが有名な医学雑誌であることも、この発表が注目を浴びた一つの要因かと思います。論文の要点は以下の通りです。

 

・カナダのケベック州の住民 8980名(アルツハイマー病 1796名、対照群 7184名)を対象とした症例対照研究。比較する対照群は、年令、性別、観察期間などがマッチングされた住民。

・ベンゾジアゼピン受容体作動薬を3か月以上使用した場合に、アルツハイマー病の発症リスクが約1.5倍になる

・半減期が長い薬剤(1.7倍)は、短い薬剤(1.43倍)よりも、発症リスクが高い

 

ところが、翌年の2015年6月、スイスのグループが、Drug Safety誌に発表した結果は、カナダのグループの主張とは異なるものでした。論文の要点は以下です。

Benzodiazepine Use and Risk of Developing Alzheimer’s Disease or Vascular Dementia: A Case-Control Analysis.
Drug Saf. 2015 Oct;38(10):909-19

・CPRDというイギリスのデータベースに登録された約53000名(アルツハイマー病と血管性認知症26459名、対照群も同数)。比較する対照群は、性別・年齢・観察期間などをマッチングさせた認知症ではない同数の登録者。

・ベンゾジアゼピン服用と、認知症発症リスク増加との間に、相関はみられなかった。

 

さらに、翌年の2016年2月に、ワシントン大学のグループが報告した以下の論文も、認知症の発症リスク増加に対しては否定的な結果となっています。奇しくも、2014年にカナダのグループが認知症の発症リスク増加を報告したのと同じ、BMJの医学論文です。

Benzodiazepine use and risk of incident dementia or cognitive decline: prospective population based study.
BMJ. 2016 Feb 2;352

・シアトル在住の認知症ではない65歳以上の高齢者3434名に対する追跡調査。

・観察期間は平均7.3年にわたり、797名(全体の約23%)が認知症を発症。うち、637名がアルツハイマー型認知症であった。

・ベンゾジアゼピン累積使用量が多いグループと、ベンゾジアゼピンを服用していないグループとの間で、認知症発症リスクに差はみられなかった。

 

ちなみに、この論文については、以下のサイトでも紹介されています。

日経メディカル(2016年2月23日)

 

私の見解:
2014年のカナダのグループが示唆したベンゾジアゼピンによる認知症発症リスク増加に対し、2015年のスイス(バーゼル大学)のグループ・2016年の米国(ワシントン大学)のグループからは、否定的な結論が出された例を紹介しました。このように、相反する研究結果が混在することは、医学研究では珍しいことではなく、「どちらが本当なのかよくわからない」というのが現時点での率直な感想です。一つの医学研究のみで結論づけるのではなく、服薬のメリットとデメリットを理解したうえで「正しく恐れる」という冷静さが必要と考えます。今後の研究の動向に注目したいところです。

いずれにせよ、ベンゾジアゼピンの負の側面として、筋弛緩作用が高齢者の転倒リスクを高めたり、せん妄状態を引き起こす可能性は否定できません。慎重かつ適切な使用が求められることに疑いの余地はありませんので、医師の指示のもと、必要最小限の使用を心がけましょう。抗不安薬ならばアザピロン系、睡眠薬ならばメラトニン系やオレキシン系への置き換えが、ベンゾジアゼピン減薬の際に役立つこともあります。

カテゴリー

最新記事

初診の方のための問診票がダウンロードできます。
あらかじめご記入頂き、受診時にお持ち頂けると、待ち時間が短縮できますので、是非ご利用下さい。
心療内科問診票問診票ダウンロード(PDF)
心療内科問診票 問診票ダウンロード(WORD)