心療内科 日吉心のクリニック

心療内科 日吉心のクリニック

医療コラム

コエンザイムQ10は双極性障害におけるうつ状態の治療に役立つか?
2018年9月17日  カテゴリー: 双極性障害

 

先日、なんとなく海外の論文を物色していたところ、興味深い研究報告を見つけました。やや難しい内容を含みますので、研修医など医療関係者向けかもしれませんが、こちらのブログでご紹介してみたい、と思います。

Evaluating the Effect of Coenzyme Q10 Augmentation on Treatment of Bipolar Depression: A Double-Blind Controlled Clinical Trial.

J Clin Psychopharmacol. 2018 Oct;38(5):460-466.

 

イランのグループが、アメリカの医学誌(臨床精神薬理学分野)であるJournal of Clinical Psychopharmacology(2018年10月号)に発表した最新の知見です。タイトルをざっくり訳しますと、「双極性障害のうつ状態の治療におけるコエンザイムQ10の増強作用を、二重盲検の対照試験によって評価した」という内容です。コエンザイムQ10・・・どこかで聞いたことがある名前ですね。日本ではサプリメントとしても市販されており、過去にはダイエットに効くと紹介されて話題になったアレです。厚生労働省「統合医療」情報発信サイトに、「一部の心血管疾患患者に有益な可能性があります」と表記されていますが、医薬品としては、ユビデカレノン製剤(商品名:ノイキノン)として、「基礎治療施行中の軽度及び中等度のうっ血性心不全症状」に使用が認められており、既に40年以上前から医療現場で用いられています。しかし、双極性障害(躁うつ病)を含めた精神疾患への効果についてはあまり触れられておらず、そういった意味で興味深い論文かと思います。

 

まず、大前提として忘れてはならないのは、臨床試験に参加した患者さんは、全員が躁うつ病の一般的な薬物療法(抗うつ薬や気分安定薬)を臨床試験中もベースとして受けている、ということです。つまり、コエンザイムQ10単独での治療効果を見ているわけではありません。あくまでも、薬物療法に上乗せして、augmentation(増強)するパワーがあるかどうか、を調べています。この点を誤解して、「コエンザイムQ10を飲めば躁うつ病の薬は飲まなくてよい」と考えるのは全くの誤りですので、注意が必要です。

 

タイトルにある「Controlled」の意味ですが、「実薬(ここではコエンザイムQ10)を追加するグループだけでなく、偽薬(プラセボ)を追加するグループを設けて、2グループ間で比較している」ことを指します。また、「double-blind(二重盲検)」は、「服用しているのは、コエンザイムQ10なのか偽薬なのか、患者さんも治療者もわからないように振り分ける」ことを指します。ちなみに、患者さんのみが知らない方式はsingle-blind test(単盲検)と呼ばれますが、その場合、「本当の薬かニセモノか」を治療者は知っているため、改善度を点数で評価する際、影響を受けてしまう可能性があります。そのため、医学研究においては「二重盲検で振り分けられているか」が、調査研究のクオリティーを大きく左右します。こちらの研究は二重盲検で行ったため、一流誌に掲載されたのだと思います。

 

肝心の結果ですが、RESULT(結果)とCONCLUSION(結論)を見る限り、以下の3点に集約されます。

 

・コエンザイムQ10を追加したグループも、そうでないグループも、時間経過に従って症状は軽減した。

・8週経過時に比較したところ、コエンザイムQ10を追加したグループが、加えていないグループの治療効果を上回った。

・コエンザイムQ10による副作用はほとんどみられず、高い忍容性が認められた。

 

私の見解:

METHODS(方法)に述べられている、1日あたり200mgという設定が日本人にフィットするのかどうかも含め、積極的にお勧めするには、越えるべきハードルが残っているように感じます。アメリカ人はサプリメントの摂取量が全般に多いので、日本人が同じ量を服用し続けても大丈夫なのか?など、日本人を対象とした調査が待たれるところです。また、コエンザイムQ10に限らず、サプリメントを利用する際は、信頼性の高い情報源に目を通していただくことをお勧めします。安全面についても良質な情報が得られますし、なにより勉強になります。

ちなみに、15年前の昔話になってしまいますが、私自身も、Journal of Clinical Psychopharmacology 誌に論文を発表したことがあります。寝ずに働き、寝ずに論文を書いた懐かしい思い出です。

カテゴリー

最新記事

初診の方のための問診票がダウンロードできます。
あらかじめご記入頂き、受診時にお持ち頂けると、待ち時間が短縮できますので、是非ご利用下さい。
心療内科問診票問診票ダウンロード(PDF)
心療内科問診票 問診票ダウンロード(WORD)